不眠症の改善ならココ~神経に詳しい神Drにご相談を~

医者

眠っても眠り足らないとき

どんな状態ですか

病棟

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が一時的に停止する病気です。眠っている間にしか症状が現れないので、自覚することが非常に難しいです。睡眠時無呼吸症候群の特徴のひとつに、眠っている間の特有の妙ないびきというものがあるので、同居家族が異常に気付くこともしばしばです。ひとり暮らしの場合には、知らないうちに、症状が深刻化してしまうことも、あり得ます。起きている間に耐え難い眠気を感じる、朝起きた時にすっきりと目覚められずに疲れが残る、夜中に何回も目が覚める、起きた時に口が渇いた感じがする、といった間接的な自覚症状がみられる場合は、睡眠時無呼吸症候群を疑って、主治医に相談してみる必要があると、思われます。

診断・治療はどうしますか

睡眠時無呼吸症候群の診断には、専門の医療機関に入院して、睡眠と呼吸の「質」をモニターする精密検査がを行います。自宅で簡単な検査機器を用いてチェックする、簡易検査で間に合う場合もあります。睡眠時無呼吸症候群の治療法として、CPAP療法、マウスピースがあります。CPAP療法とは、空気を送り込んでくれるマスクを装着して眠るものです。マウスピ―スはCPAP装置の代わりに特殊なマウスピースを装着して眠る療法で、軽症の場合に使います。これらで改善が認められない程重症化している場合には、手術することもあります。患者が肥満している場合、首や喉回りの脂肪が気道を狭くしていることが考えられるので、まず減量する必要があります。鼻詰まり等で、鼻呼吸がよくできない場合、耳鼻咽喉科で治療を受けることが、症状の改善につながります。