不眠症の改善ならココ~神経に詳しい神Drにご相談を~

医者

女性の大切な時期です

どんなことが起こりますか

女性

40代や50代を迎えて、閉経が近づくと、卵巣が女性ホルモンを作る能力が急速に低下します。それに伴い脳からは新しく女性ホルモンを作るように指示が伝えられますが、機能の低下した卵巣にはその力はもはや残っていません。故にホルモンバランスの乱れが起こります。女性の身体が女性ホルモンの欠乏した状態に慣れるまで、その状態は続きます。これを更年期障害を言います。

どんなことが起こりますか

女性ホルモン(エストロゲン)は単に妊娠・出産を司るだけでなく、女性の心身のバランスを整える役割を果たしています。したがって、その生産が減少し、ホルモンバランスが乱れると、さまざまな症状が起こってきます。最も一般的な更年期の症状は、顔や身体が急にほてり、大量の汗をかくもの(ホットフラッシュ)です。これだけなら、単に不快なだけですが、冷え症、めまい、むくみ、頭痛、便秘、動悸、不眠、不安感、憂鬱感、その他の多様な症状が襲ってくることもあります。それまで身体を守っていたエストロゲンの助けがなくなるので、閉経を迎えると高血圧、高脂血症、高血糖症、肥満といった成人病のリスクも上昇します。不快な更年期の諸症状を抑えるためには、身体が慣れるまで減少したエストロゲンを人工的に投与する、ホルモン補充療法が行われることがあります。更年期障害の症状は完治に向けて、家族の理解が重要となります。症状の一つとも言えるイライラを家族に向けてしまう患者も少なくありません。しかし、家族は理解を深め、サポートしていくことが大切なのです。