不眠症の改善ならココ~神経に詳しい神Drにご相談を~

医者

閉経期に生じる体の変化

どんな症状が現れるか

女性

年齢を重ねることで、女性の体には様々な変化が生じます。40代を迎えると多くの女性は閉経を経験します。これは、ホルモンの分泌が不安定になることで生じます。そのようなホルモンバランスの変化は、月経周期の不順や月経過多を女性にもたらします。そして徐々に閉経を迎えます。このような閉経前後の時期に、多くの女性は体の不調や不快感を感じるようになります。それが更年期障害です。この時期に女性の体内で生じるホルモンの変動は、気分の浮き沈みを生じさせることがあります。そのため、涙もろくなったり、集中力が低下したりする場合があります。また、ひどい人の場合には、うつ病などの感情的な疾患につながることもあるようです。さらに、ホットフラッシュと呼ばれる体の「ほてり」(熱感)を経験する人も少なくありません。更年期障害の他の症状としては、頭痛、不眠、疲労感、腰痛、しびれ、めまい、吐き気、いらいら感などもあります。

症状の緩和に役立つ事柄

上に述べたとおり、更年期障害として現れ得る症状には様々なものがありますが、これらすべてを一度に経験することはまずあり得ないことです。それに、発症する症状には個人差があります。不調や不快な症状をほとんど経験しない人も中にはいます。しかし、更年期障害の苦しみをいくらかでも抑えたいと願う女性は少なくありません。こうした症状の緩和に役立つとされる事柄には、次のようなものがあります。例えば、喫煙煙をやめること、アルコールやカフェインを控えること、香辛料や糖分の多い食事を制限すること、適度な運動をすることなどです。さらに、カルシウムの補給が効果的であるという意見もあります。この時期、女性の骨はカルシウムを失う傾向にあるからです。また、ビタミン類の補給を勧める専門家もいます。ビタミンBの摂取がホットフラッシュなどの症状をいくらか軽減させたという事例があります。