不眠症の改善ならココ~神経に詳しい神Drにご相談を~

医者

自律神経と効果的な取組み

心の奥深くにある悩みを解消することができます。名古屋でカウンセリングを受けるならこちら。コースも色々ありますよ。

精神的な悩みは一般のクリニックでは解決できません。そのため、カウンセリングを大阪で行なっているこちらを利用しましょう。

自律神経のバランス

看護師

不眠症の原因として、自律神経のバランスが崩れている事が挙げられます。不眠症を改善するためには、交感神経を抑えて、副交感神経を高める事が重要になります。交感神経が高い状態が続くと、入眠障害等が起こりやすい状態になります。よって、昼間は、なるべく緊張しすぎない状態を保つ事が、不眠症改善に繋がります。自律神経は、朝から日中にかけて、緊張モードの交感神経が優位に働き、夕方から夜間にかけてリラックスモードの副交感神経が優位になっていきます。不眠症改善には、この自律神経の流れを崩さない事が大事になります。よって、朝早く起き、夜早く寝るといった生活習慣を維持する事は、不眠症改善に繋がります。このような規則正しい生活を送り、副交感神経を高める事が重要になります。

有効な取り組み方法

不眠症改善のため、日中帯に有効な取り組みとして、太陽の光を一杯浴びる事が挙げられます。また、軽い有酸素運動を取り入れる事も不眠症改善には、効果的です。また、夜間は、副交感神経を高める取り組みが効果的です。副交感神経を優位にできる方法として、ゆっくりお風呂に入るといった事が挙げられます。お風呂の温度は、38度〜40度が理想と言われています。熱いお湯のお風呂に入ると、交感神経が刺激されるので、効果が期待できません。また、お風呂上がりは、ストレッチやヨガ等によって、体を伸ばす事も有効な方法です。ストレッチやヨガは、体の緊張をほぐし、血液の循環を良くし、副交感神経を高め、徐々に安定した入眠に繋がる方法と言えます。またこれらの改善方法を日頃から行いながら、不眠症外来に足を運ぶことも忘れずに行いましょう。いまはクリニックで不眠症に特化した診療科目が出来てきているので、そこを受診して原因を探したり治療をしていったりすることも大切です。

心と体のケアをしよう。カウンセリングは東京のコチラが最適。心のバランスを整えて、健康的な生活を取り戻すと良いですよ。

自分は問題ないと思っていても、実は無意識化でストレスを抱えているかもしれません。横浜でカウンセリングを受けるならこちら。

ぐっすりと眠って疲れを癒やすためにも、不眠症は早めに改善しないといけません。そのためにも、こちらで情報を集めましょう。

眠っても眠り足らないとき

病棟

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に突然呼吸が止まるという症状のことです。この症状のためによく眠れず、朝すっきりと目覚めることができず、昼間も耐え難い眠気が襲ったりします。睡眠時無呼吸症候群の治療のためには睡眠時に空気を送り込んでくれる特殊なマスクや、専用のマウスピースを装着して眠ることが、あげられます。

Read More...

閉経期に生じる体の変化

女性

更年期障害として現れる症状には、気分の浮き沈み、ホットフラッシュ(ほてり)、頭痛、不眠、疲労感、腰痛、しびれ、めまい、吐き気、いらいら感などがあります。これらの症状を緩和させるために効果的なのは、禁煙、アルコールやカフェインの制限、カルシウムやビタミン類の摂取、適度な運動などです。

Read More...

女性の大切な時期です

女性

更年期は女性のライフステージのひとつで、閉経の前後10年間の期間のことをいいます。それまで女性の心身を守ってきた女性ホルモンの乱れ・減少から、心身にさまざまな深いな症状があらわれます。閉経後は成人病のリスクも上昇します。更年期の諸症状を抑えるため、ホルモン補充療法が行われることがあります。

Read More...